バーテンダー研修ならモリプランニング

バー開業支援 バーテンダースクール バーテンダー研修なら【モリプランニング】

プロフィール

バーの開業に必要なもの

バーテンダーには、自分でお店を開いて独立するという選択肢があります。努力次第で収入をアップさせることができる上、自分の個性やセンスが反映されたお店を持つことは大きな喜びです。バーテンダーの開業支援として、開業に必要な3つの項目をお伝えします。

必要な資金の準備

バーをオープンさせるにあたって、最初はまとまった資金が必要になります。土地・テナント取得にかかる契約金、店舗内装・外装の改装費、お酒や食材の調達費、グラスや雑貨などの発注費、スタッフを雇う人件費など、小さな店舗でもそれなりの金額がかかるでしょう。最近ではフランチャイズ契約という選択肢もあります。
売り上げの一部を本部に納める必要はありますが、初期費用を抑えられることが何よりのメリットです。

他店に差をつける経営努力

お酒をメインとするバーは他の飲食店と違い、調理設備にかかる費用が節約でき、無駄になる食材が少ないというメリットがあります。しかし飲食業界の競争は年々激しくなっており、繁華街ではライバル店がひしめき合う状況です。

飲食店の低価格化が進むにつれて、リーズナブルな値段でお酒が飲めるバーも増えてきました。他店に差をつけるべくオリジナリティのあるサービスを提供したり、集客のために人脈を広げることをおすすめします。

保健所の営業許可

バーを開くことは「飲食店営業」に値するため、開業するためには保健所の食品衛生法に基づく営業許可をもらう必要があります。開業に必要な営業許可は食中毒などを防止する目的で設定されており、食品衛生法で設けられた施設基準を満たさなければ許可されません。食品衛生責任者の資格も必要となりますが、保健所が実施する食品衛生責任者のための講習会を受講すれば、飲食店の開業が可能となります。

当社ではバーの独立開業を考える方、店舗運営にお悩みのオーナー様を対象に、開業支援を行っております。一流バーテンダーとして活躍するコンサルタントが、実店舗の運営で得たノウハウをもとに、立地戦略や資金調達のポイント、集客のコツなどをアドバイスいたします。トータルサポートには自信がありますので、当社の開業支援サービスをぜひご利用下さい。

カクテルスペシャリスト認定講座
T BAR 新宿

T BAR 新宿

Bar&Dining T BAR 日比谷

Bar&Dining T BAR 日比谷

BAR 樽の水 五反田

BAR 樽の水 五反田