バーテンダー研修ならモリプランニング

バー開業支援 バーテンダースクール バーテンダー研修なら【モリプランニング】

プロフィール

カクテル作りで行う調整4大技法

カクテルの作り方には4つのスタイルが存在します。それぞれの特徴をみていきましょう。

Shake(シェイク:シェーク)

シェイカーに氷と材料を入れて手に持って振り、混ざりにくい材料を急速に混ぜ合わせる技法の一つです。
シャカシャカと振ることによって、アルコール度数の高い酒のカドを取る役割も果たしてくれます。振り方や回数に制限はありませんが、強く振り過ぎたり回数が多かったりすると水っぽくなるので要注意です。

バーテンダーは、シェイカーから伝わる指先の感覚のみで、微妙に異なるミックスの度合いを察知しなければなりません。

Stir(ステア)

ミキシンググラスを利用し、材料をバースプーン(柄が長く、中央部が螺旋状によじれていて、指先でスムーズに回転することができる)でかき混ぜる技法のことを指します。シェイク同様、「混ぜる」「冷やす」のが目的ですが、ステアの場合は、比較的混ざりやすい材料やシェイクに不向きな材料のときによく使われます。お酒をマイルドにするシェイクと対照的に、材料特有の持ち味を保てるのがステアの利点です。

Build(ビルド)

ステア(ミキシンググラスで材料を混ぜた後、別のグラスに注ぎ直す)とは違い、お客様に提供するグラスで直接材料を混ぜ合わせる、という最もシンプルなスタイルがビルドです。ウイスキー&ソーダのように炭酸系のカクテルを作るときや、比重の異なる材料(フロート・プース・カフェなど)を地層のように重ねるときに用いられます。

炭酸系のお酒を加える場合は、炭酸ガスが抜けてしまわぬよう、また氷が溶けて水っぽくならないように、バースプーンでの回転は原則2回までに抑えなければなりません。

Blend(ブレンド)

ブレンダー(ミキサー)を使い、材料とクラッシュド・アイス(細かく砕いた粒状の氷)を加えて強力&スピーディーに混ぜる技法です。主にシャーベット状のフローズンカクテルを作る場合や、イチゴやバナナなどのフルーツ系カクテルをトロッとした液状に仕上げるのにおすすめです。

カクテルの知識についてもっと詳しく知りたいという方、バーテンダー資格取得を目指している方は、ぜひ当社のバーテンダー講座を受けてみませんか?未経験でも、お酒の作り方から注ぎ方、グラスの種類など、一つ一つ丁寧にお教えいたします。実習を通して本格的なカクテル作りをどうぞお楽しみ下さい。
ハイレベルな資格取得に向けたサポートも積極的に取り組んでいます。

カクテルスペシャリスト認定講座
T BAR 新宿

T BAR 新宿

Bar&Dining T BAR 日比谷

Bar&Dining T BAR 日比谷

BAR 樽の水 五反田

BAR 樽の水 五反田